【販売系】売る気がないインテリア家具店?オーナーに必要だったものとは

未分類

インテリア家具やインテリア雑貨などを販売している小規模展開のお店で働いていました。土日・祝日などになれば、1日にだいたい50人~80人ほどのお客様が来てくれますが、売上に繋がることはマレでした。引っ越しなどのシーズンになれば、家具類が売れることがあり、そうした場合、売上高でいえば月に500万円程度だったと思います。だけど、そうしたニーズでなければ、お客様の入りは良くても高い家具類はなかなか購入してはくれず、売上も100万円いかない時さえありました。ですが、他にも副業らしい経営をしているオーナーだったので、経営はなんとかやってこれているような状況でした。

体験者データ
  • 年齢:25歳
  • 性別:女性
  • お店情報:インテリア家具
  • 1日に来る客数:50~80人ほど
  • 売上:月100万前後

立地が悪く、案内の看板があっても気づかれない…

お客様が来ない理由は何だと思いますか?解決策はありましたか?

お客様が来ない理由は、至ってシンプルで、ひと目に付きにくい立地にあるお店でした。道路沿いから一本入るため、案内の看板は立っているのですが、メイン通りから入ってくる車はマレでした。

解決するためには、抜け道とした使い方をする人や車が多く、通常なら、通り抜けるだけでスピードを落とすことはないのですが、目を止めてほしいからこそ、お店の前に少し乱雑にガーデニング用品などをディスプレイするようにしました。このことで、多少なり車もスピードを落としてくれるようになり、お客様の入具合は上々でした。

こうした立地の問題は、オーナーが格安で経営をしたいことが強くあったようでした。そのため、安い物件選びで交渉するときに、妥協した条件があの立地だったようです。また、メイン通りに看板を設置していましたが、それも小さいサイズだったので、大きくすればさらに違ったのかもしれません。車道側からも歩道側からもお店があることが分かる看板制作が必要だったと思います。

周辺のリサーチを行い、ニーズに合わせた展開をするなど

あなたがオーナーだったら何をしていましたか?

自分だったら、周辺環境をリサーチします。どんな人がこのあたりに住んでいるのか、それによって必要とする家具やインテリア雑貨も異なると思います。

だって、男性なら、女性向けに展開されているインテリアショップにわざわざお客様として訪れたくないでしょうし、メリットもないはずです。実際、働いていたインテリアショップの周りはアパートなどが多く、ファミリー世帯が暮らしていたので、そうしたニーズに合わせインテリア家具や雑貨を取り揃えるのも来店者数を増やせる内容だったように感じています。

あとは、ひと目に付きにくい立地にあるので、売り込みなどができない分、営業も必要だったように感じます。ダイレクトメールやハガキなどを各世帯に配布することで、お店があることを知ってくれるでしょうし、そうしたダイレクトメールなどにクーポンだったり、来店すれば粗品をプレゼントするなどを付帯すれば、お客様は足を運んでくれたように感じます。

スタッフの教育に力を入れるべきだった

オーナーがやるべきことはありましたか?

お客様が来ないけれど、スタッフは仕事をしなければなりません。もちろん、注文確認などを含めて、インテリア家具や雑貨などの仕入れの一切合切はオーナーが行なっていました。

また、来店数が少ないことからも、スタッフの数は1名あるいは2名でした。仕事をこなすにしても、清掃作業がおろそかになったりしていて、そうしたスタッフの教育などにも力を入れるべきだったのではないのか、本音でいえば、給料が安いから、それだけの仕事しかしないスタッフしかいないと思えてなりませんでした。お客様が来ても、「いらっしゃいませ」の一言で、そのあとは好き勝手に見てください、っていう雰囲気でしかなく、コチラ側からアプローチをかけることもありませんでした。

インテリア家具や雑貨などをディスプレイしていますが、センスもなく、ただ無造作に置かれているだけでした。使うお客様の身になって考えられていない、そうした印象でしかなく、購買意欲はわかなかったと思いました。

流行りを取り入れたり、接客もきちんと行うべき!

こうしていたらもっといいお店になるのに!と現場にいて感じたことを教えてください

陰気臭い雰囲気を一新させるためにも、リニューアルさせるべきだと思いました。

インテリア家具や雑貨などをラインナップしてはいますが、ずっと同じ商品がその場にあるだけで、新しい物でもなく、古さしかありません。もちろん、アンティークやレトロ、モダンテイストであるなら問題ないのですが、そうしたおしゃれな印象ではなく、ただ陰気臭い雰囲気でしかなかったインテリアショップでした。

なので、流行りを取り入れること、さらに接客も売り込みの1つだと思うので、お客様に携わる接客技術をしっかり身につけさせるのが成功の秘訣だと感じました。もちろん、当たり障りない接客を好むお客様もいますから、そうしたお客様には声がかけられるように、遠目からスタンバイしておきます。何かしら探しているお客様がいるならサポートしたり、注文ができたり、全国各地で探せることをアドバイスするなど、ここに探しに来て正解だったと思わせるサポートがあれば良かったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました