お店へのYouTube集客のコツ 再生回数を稼ぐだけでなく実際に来店してもらうために

店舗集客の基礎知識

YouTubeは日本国内での月間アクティブユーザー数6,500万人超え。
活字よりも動きのある映像は、何しろ楽しくて分かりやすいのが魅力ですよね!

ところでこの記事をご覧になっている方は、YouTubeを使った集客で色々と試行錯誤されているのではないでしょうか。

再生回数は増えてきたけど、なかなか来店に結びつかないんだよね💧

こんなお悩み、ありませんか。

実際に来店してもらうために意識したいことは、ずばり『地域密着性』です。
なぜなら『来店』ということは、地域にお店が存在しているということ。
例えチェーン店であっても、全国展開でない限り地域は限られているはずです。

今回はこの『地域密着性』を頭に置きつつ、YouTube集客のコツを徹底解説

この記事はこんな方におすすめ
  • お店のYouTube、どうも上手くいってない
  • YouTubeで再生回数から来店まで繋げたい

基本的なところから応用編まで沢山ご紹介していきます。
気になるところがあれば目次からジャンプしてご覧になってみて下さいね。

YouTube集客最大のコツ=「誰に見て欲しいのか」


まず最初に押さえておきたい最大のコツはずばり、

「誰に見て欲しいのか」を絞ること。

それは実際にお店に来て欲しい『見込み客像』のことです。
改めて、この見込み客像をイメージしてみましょう。

  • 性別
  • 年代
  • ライフスタイル
  • 趣味嗜好 etc.

ちなみに幅広い客層をお持ちのお店である場合は、
「高年齢層の常連さんは多いけど、YouTubeを通じて子育て層にもアピールしたい!」
といった具合に絞ってみても良いかもしれません。

見込み客像がイメージできたら、改めてYouTubeチャンネル全体を見直してみましょう

地域の見込み客が「喜ぶ」「役立つ」チャンネルになっているでしょうか。
デザインはどうでしょうか。センスは合っていますか。

でも客層をあまり絞ってしまうと再生回数が伸びないのでは…?

確かに、幅広い視聴者に見てもらえるオモシロ動画の方が再生回数は伸びるかもしれません。

しかしながら、幅広い視聴者というのはお店にとって冷やかし客のようなもの

あなたのお店にフィットする客層というのは必ずあるはず。
その人達に見てもらえる、しかも「繰り返し」訪問してもらえるチャンネルにするのが最大のコツなのです!

YouTubeチャンネルはブランドに特化するのがコツ


YouTubeチャンネル全体の見直しにあたり、チャンネルがブランドに特化したものになっているかも再確認しましょう。

特にチャンネル名はお店やブランドが分かりやすい名前にします。

逆にチャンネル名が個人名であったり、チャンネルの中に色々なジャンルの動画が混ざっていたりするのはNG。
お店の公式チャンネルなのかが分かりづらくなってしまいます。

チャンネル名から投稿動画まで一貫してブランドに特化した方が、視聴者はお店のことをイメージしやすくなりますよ。
プロモーションビデオやお役立ち動画など、少なくとも何本かは取り揃えて魅力的なチャンネルを目指しましょう!

再生回数から来店へと導く動画制作のコツ


ここからはいよいよ動画制作のコツについて解説していきます。

コラボする

動画制作のコツでイチオシなのが、コラボすること。

これはクリエイターの間でもかなり実効性が高いと言われています。

  • お店×商売仲間
  • お店×他業種
  • お店×YouTubeクリエイター

コラボのメリットは双方の視聴者が一つの動画に集まることによる相乗効果。
近隣のお店同士でコラボすれば、親しみが持てて盛り上がること間違いなし!

また例えば飲食店なら、食べ歩き系YouTuberに訪問してもらうのは効果大。
トップYouTuberは当然ハードルが高いですので身近なところから、いずれにしてもお互いがWIN-WINになるようなコラボになるのが理想です。

YouTuberに限らず、Instagramにも多くのフォロワーを持つインフルエンサーと呼ばれる人々がいます。
色々なところにアンテナを貼って、コラボできるチャンスを探してみましょう。

検索キーワードを必ず入れ込む

ここから順にご紹介する「検索キーワード」「サムネイル」「動画の長さ」の3点については、動画制作における基本的なコツとなります。
改めておさらいの意味でご覧になってみて下さい。

まず検索キーワードですが、これは必ず入れ込むようにしましょう。
入れる場所はタイトル・概要欄・タグの3カ所です。

視聴者は見たい動画を探す際、当たり前のようですが検索ワード(単語)を入力して検索しています。

ということは、そのワードが動画に入っていなければ表示すらされません。

ここでのポイントは、見込み客がどんなキーワードで検索するかを見極めること。
地域密着でお店を運営しているなら「地域」キーワードも有効です。
「地域+店舗名」「地域+業種」など、うまくかけ合わせていきましょう。

興味を惹きつけるサムネイルにする

次にサムネイルです。
検索した結果としての動画一覧に表示されているサムネイルは、いわば「動画の看板」のようなもの。

視聴者が最初に目にする部分ですから、インパクト大のサムネイルを作りましょう!

サムネイル作成のコツ
  • サムネイルは枠が小さいので、文字は目立たせる
  • 地域の見込み客に喜んでもらえそうな画像
  • 「おっ?」と興味を惹きつけるようなもの

イメージがわかない時は、人気チャンネルのサムネイルを見てみましょう。

日々試行錯誤して築き上げてきた人気チャンネルには、正解があります。
ただしそのまま真似るのではなく、あくまでも参考に。

長さは5分を目安に

続いては動画の長さについて。
長さは5分〜10分が良いとも言われていますが、「手っ取り早く」という傾向がより高まっているため5分を目安にされるのがコツです。

もともと何となくつけておくことの多いテレビと違い、YouTubeはちょっと油断するとすぐに「ダラダラ感」が出て、視聴者は見るのを止めてしまいます。
トップYouTuberのはじめしゃちょーさん、あれほど求心力のある方でも5分〜8分程度のコンパクト動画を多く作られています。

動画の長さ関連のコツ
  • テーマはあえて1つに絞る→よりコンパクトに
  • しゃべり、進行もテレビよりハイテンポで
  • 最初の15秒で内容が分かるように

動画を実際に撮影してみると、意外と手間や時間がかかるものです。
しかし編集する時には「ダラっと」しそうなところは思いっきり(悲しいほど)削ぎ落としていきます

本当に必要なところだけを抽出して、ハイテンポな動画に仕上げましょう。

顔出しする

もう一つおすすめしたい動画制作のコツは、顔出しです。
「お店に来店してもらいたい」という目的がある以上、そのお店の「人」の部分を見せることはとても大切。

お店のパーソナリティーが見えないと、なかなか来店する気にはなれないもの。
どれだけ商品の良さを伝えられても「怪しい!」感が拭いきれないためです。

実際、人気の動画はサムネイルから顔出しされているものが多いです。

しかし!ここで注意点があります。
おすすめしておいて何なのですが、「顔出しにはリスクがある」ことも事実です。

いくら地域密着での商売であっても、YouTubeの動画自体は世界中に配信されます。
ネット上に一度出たものを完全に消し去ることは難しいとも言われていますし、視聴者は善意のある人ばかりとは限りません。

動画に不用意な個人情報が映り込んでいないか。
家族に未成年のお子さんがいる場合、影響はないか。

最初は気にならなくても、視聴者が増えてくればそれだけリスクも大きくなってきます。
顔出しに限らずプライバシー全体に問題がないか、実店舗以上に目配りしながら動画制作を進めていきましょう。

動画の概要欄を手抜きしない


動画編集が終わったらいよいよ投稿!…その前に。
YouTubeには動画の概要欄が設けられています。

何かしら一行だけ書いているような動画も見られますが、それではもったいない!
動画から来店につなげるには、この概要欄を手抜きせず最大活用するのがコツです。

概要欄に記載する主な内容
  • 動画の内容を簡潔にコメント
  • 動画内で紹介した商品やサービス、
    ホームページへのリンク
  • 動画の目次と開始時間

動画内でも「概要欄にリンクを貼っておきますね」と誘導することを忘れずに。
せっかく興味を持って下さった方が、次にアクションしやすい導線を心がけましょう。

概要欄を毎回一から作成するのは大変ですので、テンプレート化しておくのがおすすめです。

YouTube×SNSで再生回数を稼ぐ


動画を投稿することができたら、SNSを活用してなるべく多くの人に広めましょう
先ほど「再生回数だけ伸ばしても、冷やかし客が増えるだけ」といったことをお伝えしましたが、それでも動画を知ってもらう活動は大切なこと。

本当に見て欲しい層に届けるためにも、お店のSNSとかけ合わせて相乗効果を狙っていきたいですね!

注)Instagramは投稿にリンクを貼ることができませんのでご注意を。

ちなみにSNSの中では、特にTwitterがYouTubeと相性が良いと言われています。
TwitterはYouTubeの投稿を自動でお知らせしてくれる連携機能があって便利!

あるいは手作業にはなりますが、動画の見どころだけを切り取った超ショートムービーをSNSに投稿するのも効果的。
魅力ある動画なら「続きが見たい!」ってなりますからね。

YouTube広告も活用する


最後に応用編として、YouTube広告をご紹介します。
YouTubeを普段から視聴されている方なら、広告が流れるのはご存知のことでしょう。

動画が始まる前に流れるもの、動画の途中で流れるもの。
スキップできるもの、できないもの。
いくつかの種類から選ぶことができます。

YouTube広告のメリットは、ターゲットを絞って配信できること。
性別・年齢といった基本属性のほか、好み・キーワード・時間帯なども設定することができます。

特筆すべきは、地域の設定もできること

お店に来店してもらいたい場合、地域での絞り込みは外せませんね。

YouTube広告なら、他のチャンネルを見ている『地域の見込み客』にあなたのお店をアピールすることができます。
もし興味を持ってもらえたら、リンクをタップで直接ホームページに誘導できるのも強み。

YouTube広告は有料サービスではありますが、もしご予算を取れそうなら一度検討してみてはいかがでしょうか。

YouTubeで再生回数から来店へつなげるコツまとめ

今回はYouTube集客で実際に来店してもらうためのコツについてお伝えしてきました。

改めて要点をまとめておきます。

  • 「誰に見て欲しいのか」を絞る!
  • チャンネルはお店やブランドに特化する ※個人名NG
  • 動画制作のコツ①コラボ
  • 動画制作のコツ②検索キーワードを入れ込む
  • 動画制作のコツ③興味を惹きつけるサムネイル
  • 動画制作のコツ④長さは5分を目安に
  • 動画制作のコツ⑤顔出し
  • 動画の概要欄を手抜きしない!
  • YouTube×SNSで広める
  • YouTube広告も活用

最大のコツは「誰に見て欲しいのか」を絞ること、とお伝えしました。
あなたの地域の見込み客に喜ばれるコンテンツは何か。
どんな動画が地域の見込み客にとって役に立つのか。

この部分を第一に考えた動画作りが、集客には欠かせません。
「これからもこのチャンネルの動画を見たい!」と思ってもらえれば、チャンネル登録してもらえる可能性も高まります。

商品やサービスの売り込みはほどほどに。
親しみのある投稿で、お客様との関係作りから来店へと繋げていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました