【販売系】複数経営あるある。土地に合わせた経営をしないからお客が来ない!

お客さんが来ない悩み体験談

40歳の2人の子供を持つ主婦です。昨年まで、コンビニでパートをしていました。勤務していたのは平日の9時から14時までなのですが、来店するお客さんが10人以下という日が頻繁にあり、15人の来店があれば「今日は忙しかった。」などといった会話がなされる程の人気のなさでした。来店するお客さんのほとんどはお昼時の12時頃にやってくるので、その他の時間は誰も訪れずすることがない状態で私暇を持て余していました。がシフトに入っていない夕方から早朝にかけての時間も、夕方に学生さんが10人ほど訪れる程度だったようです。売り上げについては把握していませんが、お弁当やおにぎり、パンなどの廃棄が毎日お昼だけで2~3万円あったので、お店を開けているだけで赤字の状態だったのではないかと思います。

体験者データ
  • 年齢:40代
  • 性別:女性
  • お店情報:コンビニ
  • 1日に来る客数:10人~
  • 売上:不明

立地条件が悪いのとライバルのコンビニ店ができた。

お客さんが来なかった理由は何だと思いますか?

私の働いていたコンビニは駅から少し離れた位置にありました。店の近くには学校やオフィスもあったのですが、駅の目の前に別のコンビニがあり皆さんそちらを利用されているようでした。このような立地の悪さも要因の1つだと思います。しかし、それ以上に「品数の少なさ」がお客さんが来ない最大の理由であったと感じています。

日々食品類が売れ残り廃棄量が増えることを恐れたオーナーが、だんだん発注を控えるように私たちパートやアルバイトに言うようになってきました。また、レジ横のカウンターフードについても「売れないからあまり作らないように」と言われました。そのため、お弁当やおにぎり、パンの棚は常にスカスカと隙間の空いている状態で、カウンタフードのケースも種類が少なすぎて売れ残りが入っているように見えてしまっていました。

駅から少し離れた立地でも、私の働くコンビニの近くには学校やオフィスがあり、需要はあったように思います。しかし、いつ行っても「商品が少ない」コンビニに魅力を感じる人はいないのではないでしょうか。深夜帯などの発注を最大限に減らし、お昼時や夕方などお客さんの来店が見込めそうな時間の発注はもう少し行い、店内を充実させれば少しは解決ができたのではないかと感じています。

3. あなたがお店のオーナーだったらどうしてた?

あなたがオーナーだったらどうしていましたか?

コンビニはチェーン店、直営店に関わらず、本社からの指示・指導があり柔軟に対応できない部分はあります。でも、店の外ののぼりやポップを増やして活気づける、予算を抑えたいのなら手書きでも良いのでチラシを駅の近くで配るなどの方法を取ることはできると思います。

最近ではどこのコンビニでも「パンと飲み物を買ったら割引」などのタイムセールを行っていますが、それをチラシに書いて配るだけでもご存じない方が「行ってみようかな」という気になるかもしれません。お客さんの来店がなく暇を持て余していたので、チラシを書いたり配布に行く時間は充分にあったと思います。

その他に、人が通る時間に店の前の道端の掃除を行い通行人に「おはようございます」などのあいさつをしても良かったのではないかと思っています。私の住む町は田舎なので、人との繋がりや地域との繋がりが非常に濃い地域です。近隣住民の方に親しみを持ってもらうことが意外に重要だったのではないかなと今となっては感じています。

経営方針を立地する場所に合わせて変える。スタッフの意見も聞く

お客様が来ないこと以外に問題点はありましたか?

お店のオーナーは、私の働いていたコンビニと別の地域のコンビニを先に経営していました。そちらのコンビニは繁盛しているようで、そのコンビニでやっていることや売れている物を推していました。しかし、先に経営しているコンビニは団地の中にあるコンビニで、私の働いていたコンビニは駅の近くの街中にあるコンビニです。全く違う場所にあるのに、今までのノウハウそのままで経営をしていたことが大問題であったと思います。

また、私たち従業員の意見も全く聞く耳を持たなかった点も問題です。コンビニの新たな経営場所と決めた時点から、オーナーがこの地域のことを調べ、この地域に関わっていこうという意識を持つべきだったと思います。また、実際に接客をしている私たち従業員の意見を聞き、店づくりや商品構成の改善を行っていく必要があったと思います。自分の物差しだけで物事を図っていたために、お客さんのニーズにそぐわないコンビニとなり客足が離れて行ったのだと感じます。

5. 〇〇した方がもっとうまくいくのに!と現場で働いていて感じたこと

現場で働いていて感じたことはありますか?

お弁当などの発注構成をがらりと変えれば良いのになと、働きながら常に考えていました。お店の近くには学校やオフィスがあったので、オーナーはガッツリとしたお弁当などをよく発注していました。

しかし、近くの学校は登校から下校まで外出が禁止されている進学校で、オフィスから来るお客さんも女性が多かったので、ガッツリ食べたいという方は少なかったように感じました。OLさんや学校帰りの高校生が手軽に食べられる小さなお弁当やカウンターフードに力を入れて発注した方が良かったように思います。

また、近くに学校があるということは、体育祭や文化祭など外部の人がたくさん訪れる行事が行われます。そのような時は飲み物やお菓子を求め、いつも以上に集客を見込むことができます。

しかし、そういった情報を事前に入手していない、もしくは従業員が言っても聞いていなかったため、お客さんに対応できないということがありました。事前に地域のイベント等の情報収集をして準備を行えば、「あのコンビニは良かった」という印象に繋がりリピータの獲得に繋がります。従業員それぞれが情報収集を行い、ミーティング等で情報を共有し合い対策を考えるという機会を持つことが必要であったと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました