【飲食系】インスタ映えしない庶民的な鉄板居酒屋で働いて思ったことまとめてみた

お客さんが来ない悩み体験談

今回は27歳女性の学生時代の体験談です。

「鉄板居酒屋」と言われるジャンルで、お好み焼きなどを食べながら、お酒を楽しむことができるお店でした。
個人経営のため店舗の面積は狭かったです。
4人がけのテーブルが3つ、カウンター席が5人分ほどの小さなお店。

夕方から深夜までの営業で、3組ほどのお客さんが来ていました。
家族連れでお好み焼きを楽しむお客様はもちろん、カウンター席でお酒とおつまみのみを楽しむお一人のお客様もいらしていました。
一組につき、大体3000円から10000円のお会計になることが多かったです。

また、隣にはカラオケルームが併設されており、そちらでの売上もありました。
一般的なチェーン店と同じような値段で利用することができ、居酒屋と同じくらいの売上がありました。

なぜお客さんがなかなか来ないのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

体験者データ
  • 年齢:26歳
  • 性別:女性
  • お店情報:鉄板居酒屋&カラオケルーム
  • 1日に来る客数:3組ほど
  • 売上:9000~30000円ほど
    ※カラオケルームでも同じくらいの売り上げ

庶民的なお店で地下にあったことから、なかなか周知されなかった

お客様が少ない理由は何だと思いますか?また、どうすればいいか考えたことを教えてください。

まず、店舗が地下にあったことが大きな理由だったのではないかと思います。
お店があることが分かりにくく、また気づいてもらえても、入りにくい雰囲気があったのではないかと思います。

またお店自体が非常に庶民的で、どこにでもあるお好み焼き屋さんといった雰囲気のお店でした。
そのため、お客さんに「地下でもわざわざ入っていきたい」と思ってもらえるような魅力がなかったのかもしれません。
隣の飲食店は多少売上が良いようでしたので、お店自体の魅力も大切になってくると感じました。
地上には看板を出すなど、集客の工夫はしていましたが、売上はあまり変わりませんでした。

お客さんからリピートして足を運んでもらえるような工夫を、積極的にしていくことで売上が上がるのではと思っていました。
例えば、あまりに庶民的な雰囲気が出てしまっていたため、お店の整理整頓や清掃に力を入れることや、
お店のインテリアなどに気を配ることなどで、多少お客からの見え方も変わってくるのではないかと感じました。

看板の設置や店内の見え方の工夫をきちんとすべき!

お客さんにきてもらうためには何をすべきだと感じましたか?

まず地下にお店があることに気づいてもらえるような、分かりやすい看板があると良いのではないかと思いました。
その上で、外からお店の中の様子が見えるような構造にしておくと思います。
お店に窓はついていたのですが、カーテンや雑貨等で、中の様子が分かりにくい状況になっていました。
中が見えると、地下にあるお店とは言え、安心して来店していただいえるのではないかと思います。

また、お店に庶民的な雰囲気が出すぎないよう、店内の見え方に気を配ったら良いのではないかと思いました。
例えば、お酒の空きボトルがお客さんから見える位置においてあったり、店主の私物が無造作においてあったりと
少しだらしない様子が見えてしまうような店内でした。
カウンター周りを整理整頓し、常にすっきりと見えるように、毎日念入りに清掃するなどの工夫をすればいいと考えました。
店主は忙しそうでしたので、定期的に外注を入れるなど、工夫できることはあったように感じます。

店主の機嫌次第でお店の雰囲気が変わらない、親しみのある店づくりが必要

オーナーがお客さんが来ない問題以外に商売繁盛のためにやるべきことはありますか?具体的に教えてください

お店の店主は年配の女性でした。
機嫌が良いときは「みんなのママ」的な温かい雰囲気で、店主とのお話を楽しみに来店されるお客さんもいるほどでした。
しかし機嫌の波が激しく、イライラしていると、それをすぐに出してしまう人でした。
忙しくなってくるとキッチンでお客さんの悪口を言ったり、他のバイトをお客さんの前で叱るなど常識とはかけ離れた言動がありました。
オーナーは別の方だったのですが、若い方だったため注意できるわけでもなく、困っている様子でした。

せっかくカウンター席もあるので、会話を楽しみにしている方を大切にすべきではないのかなと思っていました。
遅い時間になればスナック的な稼ぎ方もできたと思うのですが、もったいないなと思います。

また、カラオケルームの活用方法も問題があると思っていました。
例えばレンタルスペースや会議室、今でしたらテレワーク用のスペースなど、活用方法は様々だと思います。
活用できれば相乗効果でより売上が上がるのではないかと思います。

細やかな気配りやお店作りの徹底をすればよかったかもしれない…

現場で働いていた時どんなことを感じていましたか?またどうすれば改善されると思いますか?

細部をもっと大切にすることです。
例えば、目に見える部分は掃除できているのに、少し目の届かない場所は掃除できていない、
醤油やソースなどの調味料は、市販で買ってきたものをそのままテーブルにおいておくなど
「もっと気を配ればいいのにな」と思うことがたくさんありました。
お好み焼き屋ならではの臭いや、油のベタつきも気になりました。
気にならない方も中にはいるのかもしれませんが、少しでも気になる方は、もうお店には来ないだろうなと思います。

お客さんにとって何が良いのか考え、店主・オーナー・バイトともに、工夫する意識を持って働くことができるといいのになと感じていました。
細かな気配りがないお店は、センスの良いお客さんなら必ず「あれ?」と違和感を持つと思います。

接客や清掃など、細かな部分をおろそかにせず、どんな細部にもアンテナを張って取り組むことができると良いのではないかと考えます。
そういったことの積み重ねで、お店が成功してゆくのではないかと思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました