【飲食店】パチンコ屋の敷地内にある、なかなか焼き肉が注文されない焼き肉店の話。

お客さんが来ない悩み体験談

今回は石川県で大学生をしていた時にアルバイトしていた体験談。

この店は、石川県の郊外にあるパチンコ屋の敷地内にある焼肉レストランです。
周囲にはモールなどの複合施設はなく工業地帯です。

営業時間は9時から21時まで、客層は20~60代男性はほとんど。
土建関係に携わっている人やパチンコでうちに来た人がメインのお客さんでした。

座席数は定食限定のカウンター10席と焼肉専用でテーブルが6席と座敷が8人がけの4席があります。1日に多い時で100名以上で、少ない時は20名未満のお客さんが来店。

結構、1日くるお客様の人数の幅が大きいですね。売り上げなども焼き肉店にしては少ないのではないでしょうか。詳しく見ていきましょう。

体験者データ
    • 年齢:現在は35歳。体験談は学生時代の話
    • 性別:男性
    • お店情報:パチンコ屋の敷地内にある焼き肉レストラン
    • 1日に来る客数:20~100名以上
    • 売上:最低5000円~5万円以上

客層が合わず、焼肉を売りにすることができない。リピーターが付かない

お客様が来ない理由はわかりますか?やはりパチンコ屋の敷地内というのが、問題点なのでしょうか?

  • パチンコ屋にくるお客さんは食事に時間がかかる焼肉を食べない
  • 回転数をあげるためにうどんや蕎麦、定食を取り扱ったが店全体の売りが明確にならなかった
  • リピーターがなかなかつかなかった
  • 料理が値段と釣り合わない

からだと思います。

パチンコで遊びに来るお客さんが腹ごなしに焼肉にいかないのでこの店に来なかったと考えれます。なぜならパチンコで遊んでいるお客さんがわざわざ昼や夜に食事に時間がかかる焼肉を食べることはあまりありません。

その点は考慮し回転数をあげるためうどんやそば、定食を取り扱い始めたのはよかったのですが、焼肉レストランと謳っておきながら焼肉とは関係ないメニューを多数取り扱っていたため店自体の売りが明確にできないという事態に。

そのため、リピーターがつきませんでした。

また回転数重視でうどんとそばや定食はすべて冷凍などの即席タイプのもので提供していたため、これらのメニューの味と価格が合っていなかった点もお客さんが離れていった理由だと思います。そこでパチンコで遊びに来たお客さんと仕事の昼食できたお客さん向けに、すぐに食事を済ませられるよう、昼はうどんやそば、定食メニューだけをランチで取り扱い、焼肉は18時以降で取り扱うようにしました。

焼肉の取り扱いをやめ、即席メニューに切り替えるなどが必要!

あなたがオーナーだったら、お客様が来ない問題点を解決するために何をしますか?

焼肉の取り扱いを止めて、店の回転数を上げるためそばやうどんなどの即席メニューに切り替えて、店のコンセプトをすぐに料理を提供できるコンセプトに変えるべきだと思います。

理由は、店の来店するお客さんのほとんどが、パチンコ店で遊びに来た方や近隣の会社に勤めて昼食を食べに来た方なので、焼肉を食べに来るお客さんがほとんどいなかったからです。

また、ごくまれに焼肉メニューを注文するお客さんもいましたが、焼肉とその他即席メニューを注文するお客さんの比率に対して、焼肉関連の仕入れや利益を考慮すると焼肉の提供が店にとって利益はあまりなかったと思います。

また来店顧客の分析などのマーケティングやリサートも不十分だと思っていました。そのため、1週間だけでもテストとしてモニタリングをし、どのメニューが一番売れており、どの時間帯にどのようなお客さんが来るか細かく分析をし、テコ入れのため最適なメニューの選定や店作りなどの行動に移すべきだと思います。

店の認知度をあげるため広報活動に集中!スタッフとの連携も構築すべき

他にも商売繁盛のためにするべきことはあると思いますか?具体的に教えてください。

店の認知度をあげるため広報活動に集中すべきかと思います。
具体的には、パチンコ店にいき宣伝したり、店のチラシを配るなどを実施すべきかと思いました。

あとは今までの来店顧客やメニューについても細かく分析&改善活動などもオーナーが積極的に取り組むべきではないかと思います。

またオーナーとして指示する立場だけでなく、メニューや店舗の環境開発や改善にも能動的に取り組むべきでは無いかと思いました。オーナーは、現場に関して経験がなかった点と数字だけしか見ず現状についての危機感を感じていなかったため、1日だけでも厨房やホールに入り、スタッフやお客さんを観察しどうのような問題が起きているか自分の肌で感じるべきかと思いました。

また他のアルバイトや従業員の意見に従わず、自分の決めた方針だけ指示し実行していたため、本当に改善すべき点と現状に不要な点について把握できておらず独りよがりで店の経営に携わっていました。そのため従業員やアルバイトと積極的にコミュニケーションをとるべきだと思いました。

現状の理解を深め、オーナーはじめ、スタッフ全員力を合わせるべきだった

現場で働いていて強く感じたことはありましたか?もっとこうすればよくなるのにと思った点を教えてください。

現状の環境(立地条件や顧客、売り上げの変動率など)を店長や社員、アルバイトの全員が把握すべきだと思いました。今までの実績や現状からのマーケティングやリサーチ結果から具体的な戦略プランを従業員全員が理解する必要があったと思います。

現状を理解したうえで、お互いどういう風に働くべきかと真剣に考えてくれるのではないでしょうか。

また全員がオーナーにすべて経営を委ねるような考え方でした。
店を改善するためのアイデアを常に積極的に出し合っていくべきだはないかと思いました。

同時にオーナーとの意見交換の場を設けたほうがいいとも思いましたね。

一番商売繁盛に欠けていた点として考えられるのは、全員が将来性を考えず現状の問題のみを対応し潜在的な問題を後回しにしていた点だと思います。なので従業員全員が危機感をもつことが1番の解決策と思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました