【アパレル業界の接客】お客様の声掛けのタイミングが難しくて大変!

接客の悩み体験談

30歳女性正社員管理職。
現在もですが、学生時代から含めてアパレルを10年以上やっています。
ブランド異動もたくさん経験していますので、低単価のブランドや顧客型のハイブランドで百貨店勤務、路面店も経験しています。
接客業のきっかけは、大学時代の居酒屋のアルバイトです。
周りの方から、私のイメージは笑顔・元気と言われていたので、それを活かせたらと思い初めてのアルバイトに活気のある居酒屋のバイトを選びました。
充実していましたが、大学の頃憧れていたアパレルのアルバイトを経験してみたく居酒屋を辞めました。
自分の提案した服を購入してほしい、お客様と仲良くなりたい。
お客様から憧れられる存在になりたいと、当時思いアパレル業界に進みました。

体験者データ
  • 年齢:30代
  • 性別:女性
  • お店情報:アパレル関連の仕事

接客業で大変だったことはお客様とのコミュニケーション

アパレルの接客業で一番悩んだことはなんでしたか?どう改善していきましたか?

アパレルの接客業で1番大変と感じたことは、お客様とのコミュニケーションです。
居酒屋ではある程度マニュアルがありますし、何よりも必ず注文されます。
アパレルでは、お店に入店されても必ずしも購入にはつながりません。
また、先輩や店長から「入店があったら、すぐ声をかけて」と指導受けていましたが、なかなか実際お客様に声をかけられず。
当時お客様と仲良くなりたいと思っていたのとは、全然真逆になってしまいました。
これではいけないと思い、入店があったお客様にすぐ声をかけるように努力しました。
「良かったら鏡で合わせてくださいね」と言おうとしたら、「自分で勝手に鏡で合わせるし必要なら呼びます」と言われました。
当時、衝撃的で落ち込みましたが逆に接客について考えるきっかけになりました。

解決策としては、お客様をまずしっかりと見ること。
入店があったお客様と、アイコンタクトもしっかり取れていないのにアプローチしてはいけないと思いそこからは、お客様のタイミングを見てお声かけすることを意識することで上記のようなことは言われなくなりました。

SNSで見たものを求めて買いに来る方が多くなってきた印象がある

10年ほどアパレルの接客業にいらしたということですが、昔と今とで変わってきたなと感じたことはありますか?また、心がけていることはありますか?

若い頃は、元気にハキハキと積極的に提案を行なっていましたが、今は接客のサービスが変わってきていると感じています。
5.6年前から、インターネットでの購入需要はありますが今ほどではなく雑誌を見てお店に足を運ぶ方が多かったので、コミュニケーションがとりやすかったです。

現在は、SNSで見たものを決めて買いに来られる方も多く話す内容にも変化が見られています。

まず1番心掛けているのがお店に来店してくださった方の居心地の良い売り場を作ることです。
せっかく足を運んでくださっているのに、店に清潔感がないスタッフの空気が悪い、商品が綺麗に陳列されていない。
何のためにお客様が足を運んで下さっているかを改めて考えるようになり、上記内容は常日頃意識して取り組んでいます。
これは、どの業種の方も接客業されている方が1番大切なことではないかと思っています。
あとは、今で言うとコロナ期でマスクで口元が見えないので今まで以上に笑顔に気をつけるようにしています。
ちゃんと、口角をあげて目元が自然に笑えているか。
マスクの中の、口元を意識し取り組んでいます。

接客業で嬉しいのは「お客様の笑顔」とお店を褒めてもらえること

接客業をやっていてよかったことを教えてください。

接客業をやっていてよかったことは、やはりお客様が笑顔でお店を出られること
私に接客してもらって良かったや、今でいうと〇〇さん(スタッフ)とっても頑張ってるわね。など、お店全体のことで褒めて頂けると嬉しいです。
私は現在洋服屋ですが、居酒屋自体も含め、洋服や味が好みで来店される方が多いとは思います。中にはお店の雰囲気やサービスで来店されている方も多いのは事実です。
口コミ評価の大半は、従業員の態度や接客の中身を問われます。

つまりお店の良し悪しは接客業につく、私たちのサービスの質が問われていると思っています。
提供しているものがいいものなのであれば、私たちの努力で更にいいものにすることができますので、それだけ私たちの力は大きいと思っています。
お客様が、どうしたらまた次回も足を運んでくださるか。
近くに来たから寄ったよ。など、フラットな感覚でもいいので覚えて頂けるにはどうしたらいいか。
リピーター顧客に繋げられるのは、接客サービスをしている私たちの腕の見せ所でずっと追求していきたいと思っています。

ピリピリした空気でお店の雰囲気を乱すのは一番やってはいけないこと

現場で働いていて、「これはやめたほうがいい」と感じたことはありましたか?また、「こうしたらいいのに」と思うことはありますか?

学生時代は、とにかく先輩店長のピリピリしたムードが苦手でした。
でも、今管理職になりとてもわかります。
売り上げが悪い日はピリピリします。
ですが、上がピリピリするとスタッフ従業員にやる気も起きず店の雰囲気が悪くなってしまうので1番やってはいけないことだと思います。

また、接客業しているスタッフからの情報をもっとヒアリングしてほしいです。
現場の最前線で接客しているからこそ、伝えられる情報がたくさんあります。
数値だけでは、売り上げがあがらないと思っています。

スタッフとコミュニケーションがとれているお店は、やはり雰囲気がいいのでお客様が足を運んでくださります。お店の雰囲気、お店の顔をつくるのは店長・オーナーだと思っていますので、まずは現場にしっかり足を運びスタッフからお客様の情報を聞いたものをお店に反映してほしいです。
意外に、メニューや商品の配置などこうしたらいいのに。とたくさん案を持っているのに発揮できないというスタッフも多いです。
是非スタッフから聞き取りしてみてください。

笑顔を大事に!ハキハキとしゃべることを意識しましょう!

接客業で働きたい方へのアドバイスをお願いします!

まず、笑顔を大事にしてほしいです。
どんなことがあっても、接客業に1番大切なのは笑顔。表情が固まっていると、お客様に居心地のいい時間を与えることができません。お客様のお店に対する印象は、従業員の雰囲気や表情含めてたった3秒で決まってしまいます。

初めての接客業は、とても緊張すると思いますが何よりも笑顔でいることで自分自身の緊張がほぐれますので必ず笑顔を意識してください。

また、ハキハキと喋ることを意識する。
しっかりと、口を開けて話す。
緊張し、自信がなくなるとどうしても、口元の動きが小さくなり声も小さくなってしまいます。
これは、お客様に不信感を与えてしまいますので頑張って口元を意識してお話ししましょう。
また、わからないことは、「確認してまいります」や、「少々お待ち下さいませ」など最低限の敬語は使えるように意識しておくと、スムーズに接客に入れます。
あとは、必ず小さいメモ帳を持ち歩き些細なことでもメモをとると振り返りやすくおすすめです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました