【コンビニ】嫌なこともあるけど、お客さんに認めてもらえた時は達成感がある

接客の悩み体験談

私は年齢25歳で性別は男です。セブンイレブンという全国各地どこでも利用可能なコンビニエンスストアで接客業務をしておりました。私は福岡出身ですので、自分の実家から一番近いコンビニに申し込みをし無事入社いたしました。セブンイレブンになります。

まずはじめに、初めてのバイトがここでした。なぜ接客業をしていたかというと実家で食べ物屋をしておりそれの手伝いなどをしている際によく来てくれるお客さんとお話や人にありがとうと言われる喜びを知っていたからです。

そしてこのお客さんはあからさまに急いでいるようなお客さん、このお客さんは色々言われるのが好きではないお客さんだとそれぞれの人への接し方をもっと学んで今後に活かしたいと思ったからでした。

「厄介」なお客さんの対応に困ることが多かった

接客で大変だったことはなんでしたか?

接客業で避けては通れないのが厄介なお客さんも居るということです。厄介なお客さんは万引客などの犯罪をするようなお客さんからイチャモンだったり嫌がらせをしてくるようなお客さん、酔っ払いが暴れまわったりが考えられます。

酔っ払いはすぐに警察に連行していただければ早いです。しかし酔っぱらいは何をしでかすのかわからないのでもし危険そうであればバックヤードに隠れるなどして通報が必要でした。万引はすぐに店長へ連絡をして1人では捕まえずにさらに万引をした瞬間に捕まえないと逃げられる可能性があるので慎重さが必要でした。

なんでも急いで空回りは駄目ということですね。イチャモンだったり嫌がらせ、あとコンビニならとくにタバコの銘柄で怒るお客さんには誠心誠意謝るのが一番と思うのですがこれは間違いです。たしかにすみませんが番号でお願いしますといったすみませんはいいのですが何も悪いことをしていないにもかかわらず申し訳ないと連呼するとそれにつけあがって自分が正しいと思ったのかどんどんヒートアップする人もいるので普通に受け答えしても駄目なら店長を呼ぶが営業妨害で警察を呼ぶのが一番です。

コンビニ内の清掃。細かいところまで気を配った

接客で心がけていたことを教えてください

徹底していたことはまずコンビニ店内の清掃。店外のゴミ箱のゴミ袋替えなどを気づいたらやるようにすること。雨が少しでも降り出したらすぐに傘立てを設置してこけないようにするために入り口のマットを2枚か3枚ひいたりすること。お客さんの目につくところは念入りに磨くこと。そしてコンビニであるあるなのですが電池売り場だったりカップ麺が置いてあるところってそこまで買われなかったりして奥のほうがホコリまみれになってしまっているんです。手に取るだけで嫌な気分になるので、自分が他のコンビニを利用した際に気づいて嫌なことがあるとメモをしてそれを自分の勤務しているコンビニでは無いようにしていました。

また、お客さんが欲しい物をすぐわかるような陳列の仕方をしたり、新商品をわかりやすくポップを作って設置したりだとかも必須かと思います。ポップがあるだけで興味を引けますし、それを買いに来る予定じゃなかったのに少し買ってみようかなと思っていただけたら勝ちですのでやっていました。

お客さんに顔と名前を覚えていただけたこと

接客をしていてよかったことはありましたか?

接客業をやっていてよかった点はお客さんに覚えてもらえることでした。私の体験談なのですが、私が以前にあるヨーグルトを探している奥様に会いましてこれ仕入れてないかしらといわれ、まだ入りたての私は必死にそれを店内からないか走って探し、バックに行き店長と一緒に注文履歴を確認しお客さんに明日の10時以降でしたらあると思いますのでと走って伝えに行ったら「そんなに必死に探してくれる子初めてだったありがとうまたここに明日来るね」と言われました。次の日私が出勤した朝一番に来てくださいました。

「貴方ここにずっと勤務するの」と言われ、「今のところはそうですね」と伝えると、「なら貴方が居る限りこのヨーグルトは私ここに買いに来るわね」と言ってくださいました。

そのときにあーこうやって必死に仕事を頑張ってると誰かがそれを見てくれていて認めてくれてありがとうっている感謝の言葉をもらえるんだなと思い、それからも必死にお客さんにありがとう使いやすいなど言っていただけるようにしていました。

自分の店を利用している年齢層の把握と商品の見直し

働いていく中でもっとこうすればいいと思うことはありますか?

まずその店を利用している年齢層をすべてチェックしてみて売れているのかどうかを全てグラフにして1ヶ月ごとに提出しシフトに入っている人全員でそれを確認することをしたほうがいいと思っています。

なぜ年齢層をチェックすることがいいのか、お年寄りが多いコンビニ地域なのに若者しかわからないようなものを置いていても意味がないですよねと言った感じです。

そんな感じで店内に置くものについても吟味を重ねていくことが最も大切だと思います。

次に防犯カメラを設置するのはいいのですが、店内を誰もいない状態にしないようにすることを徹底すること。たまに深夜のコンビニなどにいくと店内がバックヤードで隠れて作業しているのかサボっているのかはわかりませんが、誰もおらずお客さんが困っているのを何度か見かけたことがあります。それを自分がされたらどう思うのかという感じです。シフトの人数を増やせないのであればオーナーが出るとかも考えてほしいところです。

嫌なことが多い接客業だが、お客様に認めてもらえると達成感がある

これから接客業を目指す後輩にアドバイスをしてください

接客業は大変だと思います。正直に言うと。どんな仕事も簡単ではありませんが生半可な気持ちでやらないほうがいいと思います。

自分のためにもお客さんのためにも。自分がイライラするようなことがあってもそれを顔に出すだけでお客さんにとっては嫌な気持ちになります。

店員さんが笑って接客してくれるのとイライラされながら投げやりに接客されるのどちらがいいか理解りますよね。それが答えです。

どんなに辛いことがあっても仕事中にはそういったように表情に出さないようにしないといけません。しかも何も悪いことをしていなくても謝らないといけないことも増えてきます。なんで謝るんだろうと思っている人はそこでやめていってしまいます。

ですのでこの人はこれをすると怒ると割り切ってなら他で自分がやりやすいようにして何も言われないようにしようと考え方ややり方を変えて仕事をしていないと自分の体が壊れてしまう可能性もあります。しかし、ここまで嫌なことを述べましたが接客業はお客さんのありがとうを一番最初に聞けるのでそれはいちばんいい気持ちになれますよ。

 

まとめ

この記事の要約を箇条書きでまとめる

コメント

タイトルとURLをコピーしました