【飲食店接客】緊張しても笑顔でリラックス!仕事を楽しもう

接客の悩み体験談

32歳、女性です。今は主婦です。

短大に通ってた19、20歳の時にアルバイトで、少し高級なステーキ屋さんで働いていました。短大を卒業して、21歳から24歳まで正社員で観光ホテルで働いていました。私ははじめは、食べることが好きなので、きれいな料理が見えるところで働きたいと思い、レストランやホテルを選びました。

はじめは、接客のことより、食事の方に目が向いていたのですが、仕事に就いて、接客業って楽しいなぁと思うようになっていきました。さまざまな方が来られて、お誕生日や記念の旅行だったり、お客様それぞれが満足して帰ってくださるのが嬉しくて、お客様の幸せな時間のお手伝いができてると思うと私も嬉しかったです。

予約間違い・オーダーミスなどをしてお客様に迷惑をかけたこと

お仕事をしていて大変だった点はなんですか?

予約間違いなど、オーダーミスなど、こちらのミスで、お客様に迷惑をかけることだと思います。

予約の時に、アレルギーを伺っていたのに通っていなかったことがありました。当日、確認したので、間違ったものを出すことは無かったのですが、予約で伝えたのにと、お客様にとっては、不信感となり、命に関わる事です。楽しい時間に水を差してしまいます。お客様が不信感なく安心して楽しく過ごしていただくことが一番大事なことだと思います。

人と人とのやりとりなので、言った言わないの話になることもあります。大事なのは、忙しくても確実にメモをとる。予約表を、一週間前に確認する。前日に予約表を確認するなど、1人ではなく、何人かで、チェックすることによって、ミスは減ると思います。アレルギー関係の間違いはあってはいけませんが、そのほかにも、それでも、予約漏れなどのミスが起こるときはあります。そのような時は、心からお客様に謝罪し、しっかりと上の方に報告し、そして、相談して、なにかお客様に喜んでいただけるサービスの提供を考えます。

笑顔で接することと、一人ひとりのお客様を大事に思うこと

接客であなたが特に心がけていることはなんですか?

笑顔で接することと、お客様を何人もいる一人と思わず、一人一人の大事なお客様だと、いつも思うように心がけることです。

お客様にもいろいろな背景があって、どんな思いで来られているんだろうと、少しでも楽しんで帰ってもらいたいと思う気持ちがあるとお客様にも伝わると思います。

常連のお客様など、予約のお客様で名前が分かってる方は、なるべく名前を覚えます。常連のお客様はしっかり名前を覚えて名前で呼べるようにします。よく頼むメニューが有れば覚えて、前回のことも覚えていて、話をする機会があれば、前回のことを少しお話ししたりします。

言葉使いにも気をつけて、でも、あまり固くなりすぎないようにして、お客様が何かあれば、話やすい雰囲気で接客することが大事だと思います。

あと、接客業はチームだと思うので、従業員同士、お客様の情報を共用し、そして、私たち従業員も楽しんで接客するのが大事だと思います。私たち従業員が楽しく働けば、お客様にも伝わって楽しく食事を楽しんでいただけると思います。

お客様が笑顔で「ありがとう。ごちそうさま」と言ってくれるのが嬉しい

働いていて嬉しかったことはありましたか?

私たちが接客をして、お金も頂戴しているのに、お客様が笑顔でありがとう、ごちそうさまとおっしゃってくれるのが本当にありがたいです。常連のお客様は、いつもありがとうや、身体に気をつけてと労っていただくと、私たちが逆にお客様から元気をいただいて、助けられているなと感じます。

やりがいはお客様が喜んでいただけるのが一番ですが、何事もなく、スムーズに従業員同士、連携が取れて、料理が滞ったりもせず、忙しいなか、しっかりと、まわって営業が無事に終わると達成感を感じます。

お客様に言われて嬉しかったことは、素敵な笑顔だね、元気になるよとおっしゃっていただけたことです。そのように言っていただけて、私自身も自分に自信が持てました。接客業はお客様を楽しませているようで、自分自身も幸せになれる仕事だと思います。忙しい日が続くと、身体がしんどい時もありますが、お客様の笑顔が見れたり、スムーズな営業ができると私自身も幸せな気持ちになります。

お店を利用する敷居が高いので、ランチはお値打ちのメニューを考えても…

もう少しこうしたらいいのに…と思ったことはありますか?

ステーキ屋さんは、少し高級な感じだったので敷居が高いように感じました。ターゲット層がいるので、値段を下げてお客様の層を変えるのが良いのかは分かりませんが、もう少し敷居が下がると幅広いお客様にも楽しんだいただけるのにと思いました。ランチもやっていましたが、2500円くらいだったので、平日のランチはもう少しお値打ちの方が良いのではないかと思いました。

土日は満席の日も多いですが、平日は静かだったので、平日はもう少し手軽に行けるともっとお客様は入るのでないかと思います。ただ、ターゲットを変えると今までのお客様が離れていってしまう可能性もあると思うので、難しい問題だと思います。

あと、お客様が年配の方が多く、若いお客様は少なかったです。とても本格的で雰囲気が良く、料理も美味しくて、接客も素敵なお店なので、若い方にもたくさん知ってもらって、特別な日やデートに使っていただくなど、お店を知ってもらうのもとても大事なことだと思いました。

緊張するかもしれないけど笑顔でリラックスして仕事を楽しんでほしい

これから接客業を使用と思っている方にアドバイスをお願いします

最初は緊張して、ミスをしてしまったりすることもたくさんあると思います。しかし、新人の頃はミスをしてたくさん学んでいくと思います。ミスをした時は落ち込みますが、そのことがたくさん糧になっていくと思います。私は新人の頃、ミスをしてしまったら、上司の方にミスをして学んでいくんだよ。新人のうちは、ミスは上司の責任でもあるから、気にしないでと言われて救われたことがありました。お客様に迷惑をかけてしまった時も、誠意があれば、お客様は分かってくれると思います。謙虚な気持ちで仕事してほしいと思います。

緊張してしまう時もありますが、笑顔でリラックスして、仕事が楽しく思えるといいなと思います。楽しい気持ちがお客様に伝わると思うので、自分自身も楽しく、お客様にもたくさん楽しんで幸せな気持ちで帰ってもらいたいという気持ちがあれば、お客様にも伝わると思います。大事なことは、笑顔、お客様に伝わる声、挨拶だと思います。あと、身だしなみも大事です。お客様が気持ちよく食事できる身だしなみで接客してください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました