【ネットショップ経営】個人経営だからできること心がけてお客様に喜んでもらった

店舗経営者の悩み体験談

はじめまして、36歳、女性です。
楽天市場内で国内海外ブランド化粧品のディスカウントショップを運営していました。
基本的に平日朝9時から18時を定時(発送作業・電話・業者訪問受付時間)としていましたが、ネットショップなので24時間365日ご購入いただけるので、どうしてもいつ何時も在庫状況が気になってしまい、オンオフが上手に取れなかったのが現実です。

例えば、売れ筋商品が金曜日の夜売り切れになってしまった場合、何もしないと土日売れる可能性がなくなる、とか思うとPCから離れられなくなってしまいました。
地味な努力を頑張った分売り上げに反映されるのは少なからず事実なので。とは言え、出店費用や広告の宣伝費や化粧品という薄利な商材だったため、利益はほぼ残らず年収にすると400万いかない程度でした。仕事は嫌いではありませんでしたが、身体がついていかず10年程度で店は閉めてしまいました。

体験者データ
  • 年齢:36歳
  • 性別:女性
  • お店情報:ディスカウントショップ
  • 1日に来る客数:?
  • 年収:400万程度

広告を利用しないと集客が厳しく、資金管理が大変だった

お店の経営で苦労したことはなんですか?

ズバリ言うとやはり資金と新しい情報です。当時、今ほどスマホが普及していなかったので、現在と状況は違うかもしれませんが、Eコマース市場がPCの方がまだ強かった時代でした。

また、出店当時はネットショップ=楽天市場が独占!みたいなイメージでしたが、年々他サイトも勢力を出してきてヤフーやアマゾンなどなど、それに対抗するためにTVCMを一切やっていなかった楽天市場が半額をうたいTVCMをはじめました。

それまでも年に数回●●マラソン!とか半額最適なイベントがありましたが、CMをしかけた時は本当に飛ぶように品物が売れました。TVCMなんて極端ではありますが、資金あってこそできることだな、と思います。

楽天市場内でも様々な広告が販売されていますが、顧客を獲得できる確率が高いのは当然高い広告枠で、百万以上するものもざらにありましたが、私はとても手は出せませんでした。ですが広告を利用しないと本当に集客できなかったので数万、奮発して数十万の広告を利用することもあり、やはりその際の売り上げは通常時と全く違うものでした。

また、これはひがみかもしれませんが、高い広告を買うほど、楽天のコンサルタントの当りも良くなり、お得な広告を回してもらえる可能性が高くなるようでした。
資金は限られていたので、いかに有効活用するか、広告期間中は売れ筋の在庫切れだけは絶対起こさない!は徹底していました。

お客様への細かな気配りと大切に。個人経営だからできることをした

お店の経営で大切にしてきたことはなんですか?具体的に教えてください

個人経営で融通が利くから、というのが前提ではありますが、可能な限りお客様の要望にお応えしていました。
大手のようなサービスはできないからこそ「●●時以降のご注文は明日対応」「土日は出荷不可能」などと線引きをせず(もちろん基本的には守りますが)「どうしてもお願い」と連絡をくださるお客様に対しては臨機応変に対応するようにしていました。よくも悪くもあるでしょうけど。

ありがとう、と言われることは他の大手さんより多かったと思います。レビューの評価はかなり重要ですので商品+αを提供するに越したことはないと思います。また、問合せのメールについてはなるべく早く対応していました。テンプレートを作れば時短になりますが、機械的ではなく、人間味を感じていただけるよう心がけていました。実際顔を合わさないからこそ「人気(ひとけ)」を大事に。
あとは、化粧品とはいえブランド品になるので商品仕入れも信頼のおける業者さんから仕入れる。それでいて少しでもお安く販売できるよう交渉もしっかりする。ただ、業者さんに対して「うちは客だ」の態度は取らないよう立場対等を心掛けました。卸してもらえなければ仕入れられない、販売できないにつながるので、お客様同様に業者さんを大切にすることは、売上向上につながったと思います。

商品の厳選や価格調査…価格競争が激しいけれどやった分だけ努力は報われる

お店をやっていてよかったことはなんですか?

1つは努力は報われる、ですかね。
よくやっていたのは、楽天内で一番安い値段をつけよう!最安値を謳いたいがため、価格チェックを念入りにしていました。これが意外にきりなくて1円下げると他店舗も1円下げてくる…ととにかく価格競争が激しいジャンルでした。しかも、マスカラや化粧品やグロスやら取扱アイテムも10000点ほどあり最安を調べるのもきりがなくて。とにかく手間がかかるのです。

ですが、お客様が商品検索をした際、並び替え機能で「価格の安い順」で並び変える確率は非常に高いので、1番安い値段をつけられた商品はやはり売れるのです。なので、決して無駄な作業ではないと思い、商品を厳選してではありますが、手が空けば価格調査、をしていました。

最安を付けたから売れてランキングに登場したりするとやったかいがあったな、と嬉しかったです。ランキングに登場すると広告無料みたいなもので、掲載期間中の売り上げもよくなりますし。売れれば当然利益も上がるので薄利多売ではありますが、必死でした。誰でもできる地道な作業はきりがなく端折ってしまう方も多いのですが、やった分は正直に反映されるなと思います。

お客様を大切にすること。自分の健康のためにもオンオフをしっかり管理

実際に経営をしてこうしたほうがいいと感じたことはなんですか?

色々な方と交流を持って、多方面の情報を仕入れることです。

全く関係ないと思うようなところから、意外な情報が入ったり、その先に何かあったり。若い時はコネとか親の七光りとか嫌なイメージがありましたが、それも一つの財産だと思うようになりました。

また、人がやらないことこそ率先してやるよう心がけると、いい形で自分に返ってくるので地味な作業を大切に。

あとは、もし、会社が大きくなっていっても、初心を忘れないで驕らないのはかなり大切だと思います。私も当時知り合った方で経営が右肩上がりになるとともに俺様風が強く成る方がいて、業界で悪いうわさが飛び交い、一気に干されてしまった方がいて肝に銘じました。

先ほども記載しましたが、お客様を大切にするのはもちろんですが、業者さんも同様に大切にすることを忘れない方が良いと思います。また、新しい情報が手に入った際、手あたり次第やってみるよりきちんと理解をした上で新たに挑戦した方が良いと思います。

慎重になりすぎると一歩踏み出せなくなってしまうので限度がありますが、手あたり次第やってみる、だと遠回りしてしまい時間もお金も無駄にしてしまうので、情報収集はしっかりと行ってくださいね。

そして最後に、健康は何よりの財産です。体を壊しては元も子もないので、オンオフをしっかり区別しご活躍頂ければと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました